手軽に注文可能|フルカラー同人誌の作成なら専門の印刷業者に頼もう

良い本を作る努力

目を引く本を作成する

男の人

日本では同人誌を作って二次創作を楽しむ文化が発展しています。
なかでもイラストの腕を発揮したい方はフルカラーのイラスト集を作るものです。
こうした同人誌は専用の印刷会社を通して作ってもらうことになりますが、フルカラーの際に注意したいのが会社ごとに異なる発色です。
印刷会社によって青色が強く出たり赤が鮮やかに出る場所がありますので、事前にサンプルや資料を請求して確認しておくと良いでしょう。
また初めてフルカラーの同人誌を作る際に気をつけたいのがサイズです。
投稿用の原稿用紙はB4サイズが一般的であり、同人誌にはA4を用います。
印刷会社を通して同人誌を作る場合はノンブルと呼ばれる箇所を消さないように注意しましょう。
もしも原稿用紙の使い方が分からない場合は、同人誌の作り方をまとめているサイトや資料を閲覧することが大切です。
こうした規格はCGでフルカラー同人誌を制作している方にもありますから、印刷会社のサイトをチェックすると良いでしょう。
他とは違う手触りのある同人誌を作りたい方であれば、印刷会社が用意しているプラスアルファのサービスに注目します。
例えば同人誌に糸しおりを付けてくれる印刷会社があります。
糸しおりは同人誌の付属品としてキュートなイメージがあると同時に、分厚い本にあれば便利なものです。
他にも表紙や裏表紙に箔をつけてくれる印刷会社があります。
メタル箔やホログラム箔をつければお客さんの目を引く本になります。

ネットの業者が便利

冊子

同人誌の印刷は、ネットの印刷業者が便利です。
ネット上ですべてのやり取りを行えるので、プライベートや仕事で忙しい方でも便利に利用できます。
また、ネットの同人誌印刷では、さまざまなオプションが選べます。
中でも人気なのが、フルカラー印刷です。
表紙や裏表紙をフルカラー印刷するプランから、一冊の同人誌をまるごとオールフルカラーで仕上げるてくれるプランまであり、好きなプランが選べるのです。
一般的に同人誌はB5判やA5版サイズのものが多いのですが、規定サイズのものから特殊なサイズのものまで選ぶことができます。
また、業者の中には、特殊な加工や印刷物を請け負ってくれるところもあります。
そのため、同人誌のフルカラーカバーやフルカラーの帯やポスターやポストカード、配布用の名刺や便箋といったものも印刷することが出来るとして、人気となっているのです。
同人誌をはじめて作る方でも、安心して利用できるシステムになっています。
ネット印刷業者のサイトには、丁寧な説明ページや便利なウィザード、わからないことがあればメールやチャットでサポートしてくれます。
また、SNSなどによるサポートも業者は積極的に行っているので、入稿から支払いまで戸惑うことなくスムーズに素敵な同人誌を作ることができます。
万が一原稿が遅れてしまっても短い納期で仕上げてくれる業者もあります。
イベントが開催されているときなどによって対応できる納期には違いがありますが、最短で一日の納期も可能となっています。
ネット印刷業者は少部数印刷などにも対応しており、個人が同人誌を作る際に便利なサービスです。

少部数からはじめる

カラーチャート

同人誌は誰でも手軽に作れます。
街の印刷業者からネット印刷まで多くの業者が同人誌を作る人のために、お得なセットやパッケージを提供してくれているからです。
マンガやイラストなどの同人誌で人気のB5サイズのもので、32pの同人誌を30冊印刷すると2万円程度の費用となります。
これから同人活動を始めようという方は、少ない部数で始めて、徐々に部数を増やしていくことをおすすめします。
はじめはちょっと少ないかなと感じる部数から制作し、売り切ることで同人活動のモチベーションを上げることができます。
きれいな仕上がりのオフセット印刷が安価な価格で利用できるようになっているので、白黒の印刷だけでなく、表紙などをフルカラーで印刷することもおすすめです。
なお、表紙だけでもフルカラーにすることで、本のイメージは大きく違ってきます。
また、多くの印刷業者は同人誌用のセットやパッケージで、本文を黒1色刷りと呼ばれる白黒印刷、表紙のみフルカラーというパッケージで提供しています。
コストパフォーマンスの良いものが基本セットして提供されているので、まずは表紙のみフルカラーのセットで試してみることをおすすめします。
また、同人活動に慣れてくると、オールフルカラーなどにも挑戦してみたくなってきます。
特にイラスト集などを作っている方に需要が高いのが、オールフルカラーです。
なお、オールフルカラーでもリーズナブルな価格で利用できるようになっています。
同人誌を何度か即売会で販売してみて、手応えを感じたらオールフルカラーに挑戦するとよいでしょう。