手軽に注文可能|フルカラー同人誌の作成なら専門の印刷業者に頼もう

色つきの漫画を本に

キャンペーンを使えばお得

冊子

しばらく前までは、同人誌用の漫画を描くときには、原稿用紙にペンを使って直接書き込んでいくのが当たり前でした。
今でもその方法を利用している方はたくさんいますが、パソコンとペンタブレットを活用したデジタル環境に移行しているケースも多いでしょう。
そして、パソコンを使うということは、原稿用紙とは違って色を塗りやすいため、フルカラーの漫画を描いているサークルもいるはずです。
フルカラーだと印刷業者の対応を心配に感じる方もいるでしょうが、普通に仕事を依頼できるので安心して依頼できます。
現在ではフルカラーで同人誌を作るサークルも増えてきたため、それほど難しく考えなくても大丈夫です。
ただし、印刷業者が使っているインクの数によって、色の表現力が違うため、データ通りに作って欲しいのなら、事前にインク数を確認しておくことが大切です。
なお、フルカラーは色の付いたインクを利用するため、モノクロでの印刷よりも費用がかさんでしまいます。
そのため、少しでも安くフルカラーの同人誌を作りたいのなら、各印刷業者が提供してくれるキャンペーンを活用しましょう。
そのキャンペーンは、印刷業者によって違いますが、ほとんどのところでは部数での割引と早期依頼での割引を行なってくれています。
そのほかにも、期間限定や会員限定など、色々なパターがあるのでネット上で検索してみましょう。
もしも、初めて同人誌を作るのなら、分からないことも沢山あるため、まずは複数の業者への見積もりをおすすめします。

利便性の向上している

ウーマン

同人誌の作製を考えた場合にコピー本もいいのですが、おすすめしたいのは印刷業者に作製を依頼する方法です。
印刷業者ではフルカラー対応しているので、同人誌を色鮮やかにきれいに作製することができます。
それに、印刷業者では利用者の利便性向上のために、フルカラー同人誌作製の支払いや配達方法も多様化し選択肢を増やしています。
印刷代金の支払方法は、従来は銀行振込が一般的でしたが、最近はクレジットカードに対応している業者も多いです。
このため、ネットの決済はクレジットカードを使うといった方には、使い勝手が良いでしょう。
フルカラー同人誌作製のついでに、クレジットカードのポイントも貯められるのはお得です。
また、後払いになる代金引換やコンビニ払いに対応している印刷業者もあるので、手持ちのお金はあるのだけれど銀行の口座に残高がないといった場合でも注文が可能です。
配達方法については、自宅以外にも同人誌のイベント会場に直接送り届けてもらうことができます。
イベント会場までの配送は、業者が直接届けてくれる場合と宅配業者に依頼する場合があります。
イベントに出店しようと考えている方には、自分で同人誌を会場まで運ぶ必要がなくなるのでとても便利なサービスでしょう。
同人誌を多部数作製する方ほど、受けられるメリットは大きいサービスだといえます。
このように、印刷業者は便利に使えますし、フルカラー同人誌印刷に少部数から対応しているところも数多くあります。
同人誌作製で印刷業者に作製を依頼したことがないといった方は、一度利用してみるといいでしょう。

加工の効果もアップ

CMYK

同人誌の表紙は、多くの場合はフルカラーで印刷されたものとなっています。
色合いを鮮やかにすることで、より注目を集めやすい同人誌となるからです。
しかも現在の印刷業界では、フルカラー印刷における精度が以前よりも高くなっています。
以前は、基本となる3〜4色のインクで小さな点を並べて打つことで、複雑な色合いが表現されていました。
しかし近年では、より多くのインクを使ったフルカラー印刷が可能となっているのです。
たとえば水色の点と黄色の点とを多数並べて緑色に見せるのではなく、最初に緑色をしたインクを作り、それで点を打つのです。
特殊な色のインクも作り出すことができるので、これにより原稿の色合いを忠実に再現した同人誌が仕上がります。
このことから同人誌制作では、フルカラー印刷の需要がますます高まっているのです。
さらにフルカラー印刷には、ポリプロピレンによる特殊加工がより映えるというメリットもあります。
同人誌の表紙には、汚れにくくするために、そして光沢で一層美しく見せるために、ポリプロピレンのフィルムが貼ってあります。
そしてこのフィルムには、無色透明のものもあれば、半透明のハート模様や星模様がついているものもあります。
モノクロの表紙では光沢も模様も目立ちにくいのですが、フルカラーの表紙では、水色や黄色など光に反応しやすい色が使われていることから、これらが非常に目立ちます。
つまり加工のしがいがあるということですから、その点からも同人誌の表紙印刷ではフルカラーがよく選ばれているのです。