手軽に注文可能|フルカラー同人誌の作成なら専門の印刷業者に頼もう

イベントに出るために

費用を確認しておこう

印刷

日本各地で開催されている二次創作イベントに出品したい方は同人誌を制作します。
同人誌にはいくつかの種類がありますので、自分の腕を最大限発揮できる本を完成させましょう。
例えばカラーイラストが得意な方はフルカラー同人誌を印刷します。
フルカラーは物語よりも絵に注目してほしい方にとってメリットが大きい同人誌なのです。
またどのような紙を選択するのかによって発色や本の手触りが変わりますから、見本誌を請求できる印刷会社を使うと便利です。
フルカラーはCGを選択する方が多いですが、アナログの着色でも本は出せますので安心しましょう。
その場合はデータではなく、原稿そのものを印刷所に届けます。
もしもフルカラーより価格を抑えたい場合、単色刷りと呼ばれる印刷方法を選択すると良いでしょう。
単色刷りは一色で行う印刷ですが、紙の色を変えることで味わい深い同人誌になります。
どの色のインクにどの色の紙があうのか知りたい方は、人が作っている同人誌を参考にすると良いでしょう。
また同人誌は中綴じや無線綴じなど製本方法も多様です。
短いページ数の同人誌を作ったり価格を抑えたりしたい方は前者を選択し、分厚く破損しづらい本を作りたい方は後者を選ぶと良いでしょう。
印刷所を通して同人誌を作る際は印刷方法だけでなく、ページ数も決めておいた方が費用を計算しやすくなります。
大まかな費用の目安はオープンにしている場所が多いですから、確認しておきましょう。

オンデマンドを利用する

ペンタブレット

世の中には色々な趣味の同好会やサークルがありますが、それらの活動を支えるのが同人誌の発行です。
今は高性能のプリンターがあるので、ある程度のものなら自分たちで作ることができます。
しかしフルカラーの本格的な同人誌を作る場合は、専門の印刷所に依頼した方が見栄えの良い立派なものができます。
印刷所を探す場合に利用したいのが、インターネットで注文できるオンデマンドです。
オンデマンドが登場する前はオフセット印刷が一般的でしたが、フルカラーではかなり料金が高くなってしまいます。
オンデマンドならフルカラーでも割安で印刷を依頼することができます。
フルカラーの同人誌を作る時には参考となる同人誌があると便利ですし、見本として印刷会社へ渡せば、細かい仕様を説明しなくても理解してもらうことができます。
また参考となる同人誌の奥付けには印刷した会社名が書かれていますので、そのような印刷会社に依頼するという方法もあります。
オンデマンドで依頼する場合は、納期を確認する必要があります。
イベントなどが重なると注文が増えて納期が遅れることがあるので、あらかじめ納期を守れるかどうかチェックをします。
同人誌の場合は仲間の原稿を集める必要があるので、入稿の締切をきちんと守ることが大事です。
オンデマンドの印刷会社はたくさんあり、キャンペーンを行っている場合があります。
それを利用するとフルカラーの同人誌も割引料金で作ることができるので、キャンペーンを活用できるオンデマンドに依頼するのも良い方法だといえます。

余裕を持った入稿を目指す

冊子

予算が限られているサークルの場合には、表紙だけをカラー印刷にして、コストを削減するケースが一般的です。
しかしページ数を減らしても、ハイグレードなフルカラーの同人誌を作成したいと考える、熱心なサークルも多いです。
条件に合った印刷会社を選ぶのが、フルカラーの同人誌を作る場合の出発点であり、費用と仕上がり具合で発注先を決めるべきでしょう。
また20ページ程度の冊子の作成にも対応している印刷会社を選べば、低予算でフルカラーの同人誌を作ることができます。
最近ではウェブサイト経由でデータ入稿するのが一般的であり、パソコンを使ってイラストや漫画を作成するケースが大半です。
紙の質によって仕上がり具合も大きく変わるので、見本などを参考にして、表紙と本文の用紙を選ぶのが理想的です。
更に同人誌の作成に対応している業者は、入金と同時に印刷作業を開始するので、早めに代金を振り込むことも大切です。
入稿から1週間程度で納品されるケースが一般的ですが、特殊加工やフルカラーにこだわる場合には、2週間前後の期間が必要です。
けれども会員向けの限定サービスや、スピード印刷プランを活用すると、3日程度で完成品を納品してもらえるでしょう。
一方で大きなイベントに向けて慎重に同人誌を作りたい場合には、事前に試し刷りサービスを使って、仕上がりを確かめるべきです。
仕上がり具合をチェックすると、デジタル原稿の修正も丁寧に行えるので、より一層質の高い同人誌が実現できるでしょう。