手軽に注文可能|フルカラー同人誌の作成なら専門の印刷業者に頼もう

自分なりの本を作る

二次創作を楽しむ

CMYK

初めて同人誌を作ろうと考えた場合、まずは印刷会社のサービスを良く比較することが大切になります。
特にフルカラー同人誌であればモノクロよりも印刷代金がかかりますので、お得なプランを用意している場所を探しましょう。
同人誌印刷会社の中には早い時期に原稿を入稿することで印刷代金を割り引いてくれる会社があります。
すでにフルカラー同人誌の原稿は完成していると言う場合、こうしたサービスを利用すると良いでしょう。
また中には初めて印刷会社を利用するお客さんに割引プランを用意している場所があります。
もしもフルカラー印刷で表紙に加工を施したい場合、選択できる種類を確認することも大切です。
例えば印刷会社の中にはフルカラーにホログラムを加工できる場所があります。
ホログラムを取り入れれば他の同人誌と差別化した存在感が生まれますので、リッチな本を作りたい時に便利です。
もしもイベントが開催されるギリギリまで同人誌をリテイクしたい場合、ネット上から原稿を入稿できる印刷会社を選ぶと余裕を持てます。
こうしたサービスをCGソフトの会社と組んで行っている印刷会社もあります。
簡単な形で入稿を済ませたい方は自分が持っているソフトと印刷会社の提携サービスを調べておきましょう。
初めて同人誌を作る際は分からないことも多いものですから、丁寧な接客を心がけている会社を選ぶと安心です。
電話だけでなくメール対応が素早い会社に仕事を任せましょう。

専門業者に任せる方法

色見本

同人誌の製作を趣味とされている方にとってせっかく書き上げた作品をどのように印刷して世に送り出すかは重要な問題ではないでしょうか。
安く済ませるのであれば、自分でプリンターを買ってきて印刷から製本まですべて手作業で行うというのもあります。
しかし、それだとフルカラーにならず、どうしても素人っぽさが出てしまい、せっかくの作品が評価してもらえない可能性もあります。
どうせならフルカラーでしっかりとした仕上がりのものを作りたいところですが、そのような場合に頼りになるのが専門の印刷業者となります。
同人誌を専門に取り扱っているような印刷業者であれば大抵フルカラー印刷に対応していてそれなりの出来上がりが期待できますが、そうでないところでももちろん同人誌の印刷ノウハウを有していれば問題ありません。
ポイントとなるのはいかにして価格と品質のバランスが取れた業者を見つけるかです。
しかし、最近ではインターネット上で見ることができる比較サイトなどの情報が充実しています。
そのため、それらを使って信頼できそうなところをいくつか選定したうえで、できればそれぞれから見積もりをもらって比べてみるとよいでしょう。
また、注意しておくべきポイントとして対応可能な入稿方法があります。
最近ではデジタル化が進んでいるため、手書きの原稿は受け入れていない業者も存在しますので、手書きの同人誌にこだわっている方については対応可能かどうかも事前に確認しておくことが必要です。
プロのフルカラー印刷を利用することで、自分の作品をよりよく見せることができることでしょう。

自宅から注文が可能に

印刷機

個人やグループでコミックなどの同人誌を作って楽しむには、最終的な印刷クォリティも重要になってきます。
特に表紙はフルカラーで印刷する例が多いため、家庭用プリンタでは色の表現などの点で不満が残るものです。
専門の業者を利用してオフセット方式やオンデマンド方式で印刷してもらえば、フルカラーの原稿でもきれいに表現することができます。
コミックやイラストなどの同人誌も以前であれば原稿を手書きで制作するのが普通でしたが、最近ではパソコンを使って制作するデジタル原稿が主流です。
業者の使用する印刷機でもデジタル原稿のみに対応する機種が増えており、データ入稿方式を選んだ方が多彩なサービスを受けられるものです。
フルカラーの発色性ではオフセット方式が優れている一方で、少部数を低コストで印刷できるオンデマンド方式も最新機種は色再現性が向上しています。
アナログ原稿よりも締切を遅く設定できるため原稿作成時間を多く取れる点でもデジタル原稿は有利ですが、フルカラー原稿作成時には色の再現性を考慮する必要があります。
パソコン画面ではRGBモードで原稿を作成するのに対して、印刷時にはCMYKモードが使用されるため、そのままだとくすんだ色に表現されがちなのです。
そのため画像編集ソフトを使って同人誌の原稿を作成する際には、事前にCMYKモードへと変換することでイメージに近い印刷結果が得られます。
RGBモードで原稿を受け付けている業者や、オプションで色校正サービスを実施している業者は、厳密な色表現を求める人に多く利用されています。
デジタル原稿の場合は同人誌の注文からデータ入稿までインターネット上で完了できますので、自宅からでも手軽に申し込むことが可能です。
印刷方式や用紙・印刷部数・納期といった基本データを入力し、作成した原稿を指定手続きに従って送信すれば印刷された同人誌が登録先の住所やイベント会場に納品されるのです。